小児歯科
CHILD

子どものころからしっかりとしたケアを

神奈川県座間市の歯医者「相武台駅前歯科クリニック」は、小児歯科に力を入れており、お母さんにもお子さんにも通いやすい歯科医院です。こちらでは、当院の小児歯科メニューについてご紹介します。

お子さんの歯の健康を守るためには、一番身近で見ているお母さんやお父さん、保護者の方の協力が何よりも大切です。ご自宅でのブラッシングはもちろん、歯科医院で行う定期検診やクリーニングなどの予防処置によって、子どものころからしっかりケアしていきましょう。

子どもの歯の健康を守るために

子どもの歯の健康を守るために

歯の健康を守ることは、お子さんの成長にとって欠かせません。乳歯が虫歯にかかった場合、「いずれ永久歯に生え替わるから大丈夫……」と放置しておくと、そのあとに生えてくる永久歯の歯並びに影響を与えたり、永久歯が虫歯にかかりやすくなったりします。

また歯の健康は、全身の健やかな成長にもつながっています。虫歯によって咀嚼(そしゃく)がしっかり行われないと、栄養がきちんと行き届かず、バランスのよい発育に悪影響を及ぼすことも。

当院では、定期検診やブラッシング指導、食生活の指導、フッ素塗布などによって、お子さんの歯の健康をお守りするサポートを行っています。

子どもの歯は虫歯になりやすい

子どもの歯は虫歯になりやすい

子どもの歯は大人の歯よりもエナメル質が半分くらいの厚さしかなく、虫歯菌がつくりだす「酸」に対して弱く溶けやすいという性質があります。このため、乳歯が虫歯になってしまうと、永久歯よりも早く進行してしまうのです。

虫歯になった乳歯をそのまま放置しておくことは、お子さんの成長にとって決してよいことではありません。乳歯の健康は、咬むことだけではなく、骨格や顔かたち、発音などにも影響を及ぼすことがあるからです。

食事後の仕上げ磨きやバランスのよい食生活、おやつの与え方などによって、日頃からお子さんの歯には注意を払っていきましょう。お子さんの歯に関して気になることが少しでもあれば、早めに当院までご相談ください。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導

ブラッシング指導

適切なブラッシングは虫歯予防の基本です。歯科衛生士がお子さんの年齢やお口のかたちに合わせて、歯ブラシの選び方や握り方、歯への毛先の当て方、動かし方を一つひとつ丁寧に教えていきます。

なお、小さなお子さんにはブラッシングで汚れを落としきることが難しいので、親御さんに対し仕上げ磨きのアドバイスも行っています。ブラッシングのコツや汚れの溜まりやすい箇所、ブラッシングを行うタイミングなどをご指導しますので、毎日の口腔ケアに役立ててください。

>>予防歯科について詳しくはこちらへ

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素には歯質を強化して、虫歯にかかりにくくする働きがあります。歯の表面に定期的にフッ素を塗布することで、虫歯予防の効果が持続します。フッ素の塗布によって、歯の再石灰化が促されるので、ごく初期の虫歯であれば治せる可能性も。

とくに乳歯や生えたばかりの永久歯はエナメル質が薄く歯質が弱いので、フッ素塗布による歯質強化が効果的といわれています。

シーラント

シーラント

奥歯の溝をプラスチックで埋めることで、虫歯を予防する処置です。奥歯の溝は複雑な形状をしており、歯ブラシの毛先も届きにくいため、汚れや食べカスが溜まりやすい場所。そこで奥歯の溝を埋めることにより、汚れが溜まりにくくブラッシングもしやすくなるのです。

なお、シーラントは一度処置したからといって、一生有効というわけではありません。シーラントがはずれてしまった場合には、歯科医院で再度処置してもらいましょう。定期検診ならすぐに発見できます。

CONTACT

〒252-0011
神奈川県座間市相武台1-32-1
アンプルールベトン相武台1F

tel.046-259-6734

診療時間
10:00-13:00 / 15:00-20:00
( 土日 18:00まで )

WEB診療予約

駐車場について

求人について

当院のブログ

エキテン