入れ歯治療
DENTURE

自分に合った入れ歯をつくりませんか?

虫歯や歯周病、ケガなどによって歯を失った場合、一般的には入れ歯(義歯)によって歯の機能を補います。しかし、合わない入れ歯によって、うまく咬めなかったり、痛みを感じたりしている方が意外に多いようです。

こちらでは、神奈川県座間市の歯医者「相武台駅前歯科クリニック」の入れ歯治療についてご説明します。当院では患者さんのお口の状態をしっかりチェックして、患者さんに最適な入れ歯のご提案を行っています。合わない入れ歯でお困りの方、当院へご相談ください。

入れ歯治療とは

入れ歯治療とは

歯を失った場合、保険を適用できて、手軽に治療できるという理由から、入れ歯を選ばれる方が多いようです。しかしせっかく作製した入れ歯も、「外れやすい」「ずれてしまう」「しっかり咬めない」「食べ物がおいしくない」などの理由で、不満に思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般的な保険適用の入れ歯の場合、次のようなメリット、デメリットがあります。しかし最近では、咬み心地のよい入れ歯や、見た目が自然な入れ歯など、デメリットを解消した新しいタイプの入れ歯が次々登場しています。入れ歯にお悩みの方、一度当院へご相談ください。

入れ歯のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 保険適用の入れ歯であれば治療費を抑えられる
  • インプラントと違って手術をする必要がない
  • 治療期間が短くて済む
  • 取りはずし可能なのでお手入れしやすい
  • 残った歯にダメージを与えずに治療できる
  • 広い範囲の歯が抜けてしまった場合にも対応できる
  • 保険適用の入れ歯の場合、見た目で入れ歯とわかりやすい
  • 保険適用の入れ歯の場合、合わなかったり、咬みにくかったりすることがある
  • 保険適用の部分入れ歯では、バネを装着する歯に負担をかけてしまう
  • こまめに調整しないとがたついたり、合わなくなったりする

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

保険診療と自費診療の入れ歯の違い

入れ歯には保険が適用される入れ歯と、保険が適用されない自費治療の入れ歯があります。保険適用の入れ歯の場合、入れ歯に用いる素材や作製方法が制限されているため、見た目が不自然で、咬み心地もよくありません。

一方自費治療の入れ歯の場合、費用は高くなってしまいますが、見た目や機能的に優れた入れ歯を作製することができます。お口にフィットし、しっかり咬めて、見た目も自然な入れ歯を希望される方、一度当院へお問い合わせください。

保険診療と自費診療のメリット・デメリット
  保険診療 自費診療
メリット
  • 製作期間が短くて済む
  • 保険が適用されるので、費用が抑えられる
  • 修理や調整は比較的簡単に行える
  • 使用できる素材に制限がなく、見た目や咬み心地、薄さなどに優れた素材の入れ歯をつくれる
  • 食べ物の味や温度が伝わりやすい入れ歯もつくれる
デメリット
  • 素材や作製方法に制限がある
  • 色調も自分の歯に合わせにくい
  • 製作期間が比較的長くかかる
  • 保険が適用されないので、費用がかかってしまう

入れ歯の種類

当院の入れ歯(義歯)治療で用いられる入れ歯をご紹介します。当院では患者さんとのカウンセリングをしっかり行い、患者さんのご要望にかなう最適な入れ歯のご提案が可能です。

保険診療の入れ歯

保険適用の入れ歯の場合、床の素材はレジン(歯科用プラスチック)に制限されています。レジン床はどうしても厚みが出てしまうため、お口に入れると違和感が生じたり、食べ物の味や温度が感じにくかったりすることも。
制作期間も1カ月~1カ月半かかります。

また、部分入れ歯の場合は、「クラスプ」といわれる金属のバネによって、となり合う歯と固定します。金属のバネのため、どうしても白い歯と歯ぐきの中では目立ち、入れ歯だということがわかりやすくなってしまいます。

もちろん保険適用の入れ歯の場合、費用が抑えられるという点は魅力的です。耐久性はあまり高くありませんが、修理や調整しやすいというメリットもあります。

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

ノンクラスプデンチャー(自費診療)

入れ歯を固定するための金属のバネがない部分入れ歯です。入れ歯を固定する部分は、歯ぐきに似た、ピンク色で透明感のある樹脂でつくられており、目立ちにくいという特徴があります。装着時の違和感もあまりありません。
また、制作期間は約1週間~10日と短いという特徴もあります。

金属床(自費診療)

金属床(自費診療)

床部分が金属製の入れ歯です。保険適用の入れ歯で用いられるレジンに比べて、薄く作製できるので違和感が少なくなります。また金属製であるため、食べ物の温度が伝わりやすいという特徴もあります。レジン床入れ歯よりも耐久性がある入れ歯です。
制作期間は3週間から4週間ほどです。

インプラントオーバーデンチャー(自費診療)

インプラントオーバーデンチャー(自費診療)

2~6本のインプラント(人工歯根)を顎の骨に埋め込んでおき、インプラントと床を連結させて装着する入れ歯です。通常の入れ歯よりもしっかり固定されるため、硬い物も咬めるようになります。

インプラントと入れ歯の固定は磁石やスナップボタン方式で行われ、着脱も簡単です。一方、インプラントを埋め込むための手術が必要なので、治療期間も比較的長くなります。インプラント治療と比較すると、埋め込むインプラントの本数が少ないため費用は抑えられます。

BPSデンチャー(自費診療)

BPSとは、「Biofunctional Prosthetic System」の略で、生体機能的補綴(ほてつ)システムと訳されます。歯科医師と歯科技工士が連携して、「よく咬める」「痛くない」「外れにくい」高品質の入れ歯を作製するシステムです。

BPSを利用することで、患者さんの顎や筋肉の動き、咬み合わせなどを確認しながら作製できるので、患者さんのお口にピッタリ合って、外れにくい入れ歯になります。安定した咬み心地の入れ歯を、少ない通院回数で製作することが可能です。

CONTACT

〒252-0011
神奈川県座間市相武台1-32-1
アンプルールベトン相武台1F

tel.046-259-6734

診療時間
10:00-13:00 / 15:00-20:00
( 土日 18:00まで )

WEB診療予約

駐車場について

求人について

当院のブログ

エキテン