審美歯科
ESTHE・WHITENING

美しい口元を手に入れませんか

笑ったときに口元からのぞく美しく輝く白い歯はやっぱり魅力的ですね。一方で虫歯を治療したときの銀歯が見えたり、コーヒーやワインなどで歯が黄ばんでいたりすると、せっかくの口元を台無しにしてしまうかもしれません。

こちらでは、神奈川県座間市の歯医者「相武台駅前歯科クリニック」の審美歯科・ホワイトニング治療についてご説明します。当院では患者さんからカウンセリングを行い、最適な治療のご提案を行っています。白い歯をとり戻したい方、審美歯科へご相談ください。

審美歯科で白い歯に

審美歯科で白い歯に

審美歯科とは、歯の美しさに焦点を当てた診療メニューのことです。しかし当院の審美歯科は、見た目を白く美しくすることだけを追求した治療ではありません。見た目だけでなく、機能面にも優れた審美素材を使用した審美治療を目指しています。

審美歯科で使用する素材として、当院ではおもにセラミックを用いています。セラミックは審美性や耐久性に優れた素材です。たとえば以前の虫歯治療で用いた銀歯をセラミックの歯に替えることで、自然な笑顔にも自信が出て、印象もワンラックアップすることでしょう。

見た目に自信がないことによって、性格面で消極的になったり、コンプレックスをかかえたりする方にとって、審美歯科によって美しい見た目を得られるだけでなく、コンプレックスの解消にもつながり、健康面や精神面など様々なメリットを得られるのです。

銀歯のリスク

銀歯のリスク

保険適用の虫歯治療では、金属製の詰め物や被せ物(いわゆる銀歯)が使われます。しかし、この銀歯は白い歯の中で目立つだけでなく、機能的にも様々なリスクのある素材です。つまり、銀歯をセラミック素材の歯に替える審美治療は、健康面でもメリットのある治療といえます。

メタルアレルギー

金属製のアクセサリーが肌に触れたことによって皮膚がかぶれた経験のある方はいらっしゃいませんか? それはメタルアレルギー(金属アレルギー)です。こういった方は、今お口の中にある銀歯にも注意が必要です。

劣化した銀歯は天然の歯を傷つけます。特に咬み合わさっている天然歯が欠けてしまったり、割れてしまったりする原因として劣化した銀歯が挙げられます。

歯科治療で用いた銀歯が経年によってお口の中に溶けだし、唾液を介して体内にとり込まれ、メタルアレルギーを起こすリスクがあります。原因不明のかぶれやかゆみ、湿疹などでお悩みの方、お口の中の金属にも注意を払いましょう。

二次カリエス

二次カリエスとは虫歯治療のあとに再発した虫歯のことです。虫歯の治療で銀の詰め物や被せ物をした場合、経年によって素材が劣化したりすき間が生じたりして、虫歯菌が入り込み、虫歯の再発を引き起こすことがあります。

虫歯は再発を繰り返すことで、治療のたびに少しずつ削っていくことになり、最終的に歯が残らなくなってしまいます。これに対して、セラミックはプラークが付着しにくいうえ、劣化しにくいので、二次カリエス対策に効果的な素材なのです。

審美素材

当院の審美治療で用いられる素材をご紹介します。当院では患者さんとのカウンセリングをしっかり行い、患者さんのご要望にかなう最適な審美素材のご提案を行っています。

オールセラミック

オールセラミック

金属をいっさい使用せず、すべてセラミック(陶器)でつくられた素材です。自然の歯に近く、変色しない素材で、耐久性にも優れています。金属を使用していないので、金属アレルギーの心配もありません。
また、銀歯とは異なり、腐食せず天然の歯を割らずにセラミックが欠けて歯を守ってくれます。セラミックが割れてしまった場合は当院で修復いたします。

ジルコニア

ジルコニア

ジルコニアは「人工ダイヤモンド」とよく似た成分で、セラミックの中でも強度が強く、天然の歯のような美しさと透明感を誇る素材です。また、生体親和性が高く、からだに優しいという特徴もあります。メタルアレルギーのリスクもありません。

ホワイトニングについて

ホワイトニングについて

毎日ちゃんとブラッシングをしているのに、何となく黄ばんできた歯。コーヒー、ワインなどの濃い飲食物、タバコのヤニ、加齢等によって歯は少しずつ着色してしまいます。歯の色にお悩みの方は、ホワイトニング治療によって白く輝く歯をとり戻すことが可能です。

ホワイトニングは、歯の表面に付着した着色汚れを落とすのではなく、薬剤を用いて歯を漂白する治療です。健康な歯を削ったり抜いたりせずに、歯の中の色素を分解することで、お好みの白さに仕上げていきます。

ホワイトニングは、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」、そしてその両方の施術を組み合わせた「デュアルホワイトニング」の3つに分けられます。それぞれにメリットと注意点があるので、目的に合わせて選びましょう。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師が行うホワイトニング治療です。白くしたい歯に高濃度の薬剤を塗布し、ライトを照射して治療します。ホームホワイトニングよりも強い薬剤を使用するので、手短に白くすることができます。

結婚式や就職活動といったイベントが目の前に迫っている場合など、すぐに歯を白くしたいときに有効です。一方で一気に白くするため、短期間で色があと戻りしてしまうというデメリットがあります。

ホームホワイトニング

歯科医院でお口のかたちに合わせて作製した専用のマウスピースを用いて、自宅で行うホワイトニングです。マウスピースに低濃度のホワイトニング剤を注入し、数時間装着して少しずつ色を白くしていきます。

長い期間をかけてじっくり白くしていくので、時間はかかるものの、漂白効果が長持ちする点がメリットです。自宅で行えるので自分のペースで進められるほか、費用的にオフィスホワイトニングより比較的安く済みます。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせたホワイトニング治療です。両方の長所をとり入れた治療法で、治療期間はホームホワイトニングより短く、色戻りも少ないホワイトニングです。その分、費用は少し高くなる傾向があります。

CONTACT

〒252-0011
神奈川県座間市相武台1-32-1
アンプルールベトン相武台1F

tel.046-259-6734

診療時間
10:00-13:00 / 15:00-20:00
( 土日 18:00まで )

WEB診療予約

駐車場について

求人について

当院のブログ

エキテン